ITに精通した業務改善コンサルティング会社

  • トップページ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
Business Concierge お客様が10人いれば、ご要望も解決方法も10通り。優先度の高い課題に対して、最適な提案をすることに情熱を注ぎ、お客様のご要望にお応えしていきます。
  • HOME
  • 代表挨拶
  • 代表プロフィール
  • 経営理念
  • サービス・コンセプト
  • 会社案内
インターメッセTOP > クラウドサービス

クラウドコンピューティングのメリット

クラウドコンピューティングのメリット

 これまでシステムを運営するためには、データを蓄積し処理するための「サーバー」が必要でした。処理する規模が大きければ大きいほど、サーバーの数も増える傾向にありました。
 サーバーの数が増えるとその分大きくなるのが、「サーバー群を構築するための時間とコスト」です。自社でサーバーやネットワーク機器を購入し、OSやアプリケーションを組み込み、ネットワークを構築し、システムが稼働する状態にするには、サーバー台数に応じた多くの手間とコストが必要でした。
 しかしクラウドは違います。クラウドは、すでに「稼働している」超巨大なサーバー群の一部を借りる、という形で利用します。 インフラ資産をクラウドで実現することで、アクセス数の増加や処理量の増大に柔軟な対応ができます。構築当初のアクセス数が少ない時期にはインフラコストはほとんど発生しません。サーバーの利用率の増加に応じて、従量制でコスト負担できることがクラウドコンピューティングの大きなメリットです。



 SaaSは、インターネットを経由してアプリケーションやソフトウェアを提供するサービスです。
 普通のアプリケーションやソフトウェアは、パッケージ製品として販売し、ユーザーのパソコンやサーバにインストールして利用するものでした。しかしクラウドコンピューティングの場合には、ユーザーは必要なデータの入力や処理をインターネットを通じて行うことで、サービス提供側のサーバーでそのソフトウェアを利用することが可能となります。  従来のように、パッケージを買ったり、インストールする必要がなく、すぐにサービスを利用出来るという利点があります。しかし、カスタマイズには限界があるため、自社に適合した機能を実現することが難しい面もあります。
 PaaSは、ソフトウェアを稼働するプラットフォームを提供するサービスです。インターネットを経由してサービスを利用するということはSaaSと同様ですが、ユーザーが自分のシステムをクラウド上のプラットフォームで構築し、稼働させることができる点がSaaSとの大きな違いです。Google App EngineやForce.comのようにプログラミングによるシステム構築ができるPaasは、今後アプリケーション開発の主流となっていくと考えられます。

低価格のクラウドコンピューティングを活用した業務改善

 クラウド型Webデータベース「働くDB」を活用して、情報の共有化、業務プロセスの見直し、業務処理の自動化等を行いながら、現場の業務改善を推進します。
 「働くDB」は、プログラムを作成することなく、画面や機能をユーザが自由に設定画面から設定することでシステムを構築できる仕組みとなっています。
 クラウドサービスなので、ハードの購入や面倒なサーバの運用等は必要なく、低コスト&スピーディーに業務システムが導入できます。
(ご要望に応じてパッケージ形態:オンプレミスでの販売も承ります)。
 弊社では、「働くDB」をさらに導入効果の高いものにするため、各種業務システムをテンプレート化し、導入工数の削減や付加価値の増大に寄与するサービスを展開しております。

※「働くDB」は、株式会社ラクスが提供するプログラム開発不要のクラウドWebデータベースです。


「働くDB設定代行サービス」サイトはこちら

開発不要のWebデータベース クラウド業務システム

現場管理をITで変革するモバイルクラウド

 これまでフィールド業務(現場や現地で行われる作業)は、IT活用の難しい業務、あるいは、ITで費用対効果を創出することが難しい領域とされ、なかなかITの導入が進んでいませんでした。
 近年、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末が普及してきたことを受け、また、さらに、これまで事前のシステム環境を構築する必要があったり、システムを自社開発せざるを得なかったことで、なかなか費用対効果が得られなかったものが、クラウドサービスの登場により、その課題もクリアされてきました。
 現場管理モバイルクラウド『Tracking@Job』は、設備工事・足場工事、ビル清掃・管理業などのスタッフのワークスタイルを変革し、現場管理の効率化を実現するクラウドサービスです。    

「Tracking@Job」のサービスサイトはこちら

見える化を推進するフィールド業務管理クラウドTracking@Job

G Suite(旧Google Apps for Work)の販売と導入支援

G Suiteについて
■Gmail
25 GB のメール保存容量、迷惑メール防止フィルタ、99.9 % の稼働率保証、高度なメール セキュリティを利用できます。
■Googleカレンダー
予定の管理、スケジューリング、共有オンライン カレンダー、携帯端末カレンダーとの同期など多彩な機能を利用できます。
■Googleドキュメント
社内において文書、スプレッドシート、描画図形、プレゼンテーション資料などの共同編集や一元管理が可能です。
■Googleグループ
ユーザ自身で作成できるメーリングリストを利用すれば、検索機能付アーカイブの作成や、コンテンツ共有も簡単です。
■Googleサイト
セキュアで、コーディング不要のウェブページは、社内情報サイト(社内ポータルサイト)として簡単に利用できます。
■Googleハングアウト
ビデオ会議、パソコンのデスクトップ画面の共有など物理的に離れたリモート間でのコミュニケーションが行えます。
G Suiteが選ばれる理由
Gmailが
選ばれる理由
■迷惑メール防止に優れています。
 フィルタリング機能は、迷惑メールが受信トレイに紛れ込むことを防ぎます。
■重要なメールをすべて保管できます。
 1ユーザーあたり 25 GB の容量が利用できるので、重要と思われるメールをすべて保管しておくことができます。
■過去のメッセージをすばやく検索できます。
 Google の検索テクノロジーによりメール等の内容をすばやく検索することができます。
Google
カレンダーが
選ばれる理由
■会議への召集が簡単にできます。
 他の作業が予定されていない時間を指定して会議の詳細を入力するだけです。Google カレンダーを利用すれば会議への招待メッセージが送信され、応答内容を確認することができます。
■プロジェクト カレンダーの共有ができます。
 企業全体あるいは特定のスタッフ間でカレンダーを共有することができます。
■関連情報としてカレンダーを表示することができます。
 プログラミングすることなく社内用のカレンダーを Google サイトに埋め込むことや、ウェブサイトにカレンダーを埋め込んで公開することもできます。
Google
ドキュメントが
選ばれる理由
■企業内の大切なドキュメントを保護します。
 社内ドキュメントの共有に関して管理者が各ユーザーの権限を細かく調整することができます。
■面倒な添付ファイルのやりとりがなく共同作業が可能です。
 文書やスプレッドシート、プレゼンテーションをオンラインで保管、共有することができます。
■従来のファイル形式との互換が可能です。
 .doc、.xls、.csv、.ppt、.txt、.html、.pdf など、様々な形式のファイルをインポートして共同編集し、公開することができます。また、様々な形式でデータをエクスポートすることもできます。
費用の詳細については>>こちら

サービス

  • 業務コンサルティング
  • 「見える化」/「見せる化」サービス
  • IT コーディネートサービス
  • クラウドサービス
  • 業務システム構築・運用保守
  • 実績紹介
開発不要のWebデータベース クラウド業務システム
見える化を推進するフィールド業務管理クラウドTracking@Job
楽楽精算トータル導入サポート
楽楽精算トータル導入サポート
excla(エクスクラ)
エクセル開発倶楽部

お問合せはこちらから
PAGETOP